塗装の知識 コーキング

コーキング

コーキング

現在多くの家で使われている窯業系サイディング(セメント質と繊維質を主な原料にしたサイディング)の外壁は、繋ぎ目の目地をコーキング材で埋めてあります。このコーキング材にも寿命があり劣化するとひび割れをおこしたり剥離する現象が起こります。そして、その隙間から雨水が侵入し、柱や土台を腐食させてしまうことがあります。コーキング材の寿命はおよそ10年程度と考えてよいので、外壁塗装を行う際に一緒にメンテを行うのが一般的です。

<< 前のページに戻る