塗装の知識 自己診断

自己診断

チョーキング

壁を触った時に手の平に白い粉が付いてしまうことがあります。これをチョーキング現象と言い、太陽光や雨風によって塗装表面が劣化し塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になってしまう状態をいいます。塗料は外壁材の保護膜の役目がありますので、この状態を放置しておくと外壁が雨水を吸い込み、そして乾燥を繰り返していくうちにボロボロの状態になりやがて崩れていってしまいます。チョーキング現象が現れたら塗替えの時期と判断して良いでしょう。

<< 前のページに戻る